kicks.jp blog

ベトナム関連のブログ

ベトナム旅行記(2018年11月) 2日目 【ホーチミン市からブンタウ】

ベトナム旅行記2018の2日目です。

2日目 起床

1日目の夜は、ベトナム人のLongさんの家に泊めてもらいました。朝起きてマレーシア人のAさん、Longさんと雑談をします。

家の裏手では、いわゆるマンションが建設中でした。英語で言うと、Condominium(コンドミニアム)ですかね。

f:id:kubotti:20181202135023j:plain
建設中のマンション

f:id:kubotti:20181202135050j:plain
建設中のマンション2 絶賛工事中

このマンションはLongさんによると1戸800万円くらいだそうです。

しばらくして、朝ごはんを食べに出かけることになりました。ベトナムでは朝食を屋台で食べるのが一般的です。ネットにそう書いてありました。

前日、夜中に着いて怪しさ満点だった路地も、朝になると普通です。

f:id:kubotti:20181202171613j:plain
ベトナムの朝

f:id:kubotti:20181202171910j:plain
ベトナム朝のバイク

歩いて100mくらいの所にある地元民向け飲食店に入ります。
2日目の朝ごはんは、フォー (Phở)です。
地元の、日本人的感覚ではあまり清潔感がないお店です。現地の人が食事するお店はだいたいこんな感じですが。。
ベトナム旅行2日目で、まだまだベトナムクオリティに耐性が無いので、用意してきたアルコール消毒できるウェットティッシュで箸をふきふきします。
こんな時のために、手ピカジェルアルボナース抗菌ウェットティッシュ と、 3つも準備していました。

TODO アフィリエイトリンクを貼る

f:id:kubotti:20181202135713j:plain
2日目朝ごはん

味は、まあまあ美味しいです。 Longさんに何がいい?と聞かれたので、普通なやつがいいと答えたら、モツが入っていました。こういうお店は席にメニューがないので何を選べるのかは調理している人の周りにある具材を見て判断するしかないっぽいです。
最後にハス茶とジャスミン茶のブレンドみたいなお茶を飲みました。

ちなみに日本で有名なベトナムの麺は、フォー (Phở)ですが、フーティエウ (Hủ Tiếu)と何が違うかというと、麺の形です。フォーは平べったい麺ですが、フーティエウは細い麺です。たぶん違いはそれだけです。ベトナム南部、ホーチミンではフーティエウの方がメジャーらしいです。個人的にはフォーの方が好きかも。

ベトナムのカフェ

そのあと歩いてカフェに。Longさんは仕事があるので朝食後に仕事へ。
このカフェは雰囲気、清潔感などが日本人的にも合格レベルかと思います。
ここで、持っていたカバンのファスナーにビニール袋が挟まって、閉められなくなるトラブルが発生。この件はあとで解決します。

f:id:kubotti:20181202173204j:plain
カフェの2階から入り口を撮影

f:id:kubotti:20181202173241j:plain
コーヒーベルト

f:id:kubotti:20181202173300j:plain
2日目カフェ店内

路線バスで市の中心部へ

カフェでだらだらしたあと、50kmくらい離れた観光地 Vũng Tàuに行くためにホーチミン市中心部へ。
路線バスのバス停が近くにあるとのことで、そこまで歩いていきます。ここでベトナムの洗礼を受けます。。
バスが来たので、バスに乗ろうとしたとき、止まるのを待って乗ろうとしたら、バスがそのまま時速2~4kmくらいで動き続け、通り過ぎていきます。
えっ!?なにっ⁉︎ 早く乗らないと!と思って 12kgくらいあるスーツケースを持ったまま急いて動いているバスに乗り込んだら、乗った瞬間、バスが加速しやがったので、バランスを崩してドアの手すり的な何かに掴まったら、手に泥がつきました。
怪我はしなかったのでギリギリセーフ。
ベトナムの路線バスは危険だという話を聞いていて、治安の面で気になっていたのですが、不意打ちで危険を感じました。斜め上というか、斜め下のベトナムクオリティ。

f:id:kubotti:20181202180155j:plain
バイクたくさん

バスターミナルで一旦下車。次のバスを待ちます。
下車したバスターミナルはおそらくこの住所です。
TĐH xe buýt Sài Gòn, Phạm Ngũ Lão, Quận 1, Hồ Chí Minh

f:id:kubotti:20181202174344j:plain
2日目バスターミナル

関係者っぽいおばちゃんにバクダン(Bạch Đằng)のフェリー乗り場へ行く路線について聞いてみたら「あそこの88番だ」と言われました。
でも、バスの行き先表示が チョロンと書かれていた気がしたので、そっちじゃないんだけどなーと思い、何回も聞いてしまいました。
結果的には88番で合っていました。
乗ったのは、
88 - Bến Thành - Chợ Long Phước
です。
Chợ Lớn と Chợ Long Phước は全くの別物でした。

5分 - 10分くらい待って88番バスが出発するので乗り込みました。 このバスは最初に乗ったバスよりちょっとボロいです。

f:id:kubotti:20181202174549j:plain
バス車内

f:id:kubotti:20181202180332j:plain
ドア全開でしばらく走行

サイゴン川沿いの高速フェリー乗り場に近いバス停に着いたので下車。
チケット売り場でチケットを買います。12時発のフェリーが 30分遅れていたそうで、 12時25分ごろにちょうど乗れました。ラッキー。

f:id:kubotti:20181202211818j:plain
フェリー乗り場

高速水上バス(フェリー)

フェリーで川を下って行く途中、日本の資金援助で建設中のPhước Khánh橋を撮影しました。

f:id:kubotti:20181202134528j:plain
建設中の橋

この高速道路と橋については、記事を書いています。
blog.kicks.jp

旅行前にすごい調べていたので、実物が見れて感激です。

f:id:kubotti:20181202183930j:plain
ベトナムの地に燦然と輝く日の丸 + JICAのロゴ

f:id:kubotti:20181202165521j:plain
高速フェリーの客室

前の席に小さい女の子が座ってたのですが、座っているのに飽きてしまったらしく、ベトナム語(というか幼児語?)で何か話しかけてきたり、私の手に指で触ってきたりしたので、相手の腕にツンツンし返したり、クールに対応しました。

ブンタウに到着

フェリーは、 たしか1時間15分くらいでブンタウ(Vũng Tàu)に到着。
船の揺れ具合としては、川を下っている間は揺れは感じませんでしたが、海に出たあとは、ゆらゆらした揺れがありました。
到着した桟橋の近くにはロープウェイがありました。(乗ってないですが)

タクシーが止まっていたので、タクシーに乗ります。
Aさんが"ブンタウ中心部方面で、食事ができるところ" に行くようにタクシー運転手に伝えたら、海鮮レストランに連れて行かれました。
いけすに泳いでいるエビや魚などを注文できる店だったので、ブラックタイガーみたいな大きさのエビを300g頼みました。
値段は高いです。

海鮮レストランで外国語会話

店員に中国語が話せる人がいて、マレーシア人のAさんが中国語で話し始めました。
私は中国語はゆっくり話してもらえれば旅行会話くらいはできるレベルです。
你是哪国人?
みたいなことを聞かれたので、「日本人 (ri ben ren)」みたいな回答をしました。
「ベトナム語を勉強している」と言ったら、バイトの少年が頼んでもいないのに、これは箸、お手拭き、皿、とか、メニューを持ってきてメニューに書かれた単語をいろいろ教えてくれました。
前回ベトナムに来た時のレベルだと何を言ってるか分からなかったでしょうけど、いまならだいたい分かります。

f:id:kubotti:20181202184608j:plain
ブンタウの海鮮レストラン

ホテル探し

しばらくして、Aさんが「ホテルを紹介してくれるので下見に行ってくる」と言って、店の人とバイクに乗ってどこかへ行ってしまいました。
店の人が戻ってきたら、私もスーツケースをバイクの足元部分に乗せて、バイクの後ろに乗って移動しました。今回の旅で初めてのバイクです。交通量はあまり多くないものの、やはりバイクに乗るのは安全面であまりよくないなーと思いました。

ホテル到着

ブンタウでのホテルは浜辺に沿った道路から少し奥に入った場所にありました。
窓からはギリギリ海が見えます。でも部屋自体は、日本人的にはギリギリアウトな清潔度合いです。
Aさんは、炭水化物ダイエットをしてるとかなんとか言って、食事は朝食しか食べないそうです。
実際には、私が昼ごはんを食べると言ったら一緒に食べたり、カフェで砂糖入りの飲み物を、甘すぎるとか文句を言いつつ飲んでました。彼の今年に入ってからのブームでしょうか。確かに前より痩せて減量してました。

夜のブンタウ散策

夜になって1人でご飯を食べるため、ブンタウの街を散策しました。
夜の街っぽいことは特に何もしなかったんですが。。ブログネタ的にはもうちょっと何かしておけばよかったかも。
せっかく買ったSIMカードはAさんが利用中だったので、ネット接続なしでしたが、ホテル内はWiFiが使えます。
事前に調べて1km弱のブンタウ中心部あたりまで歩いてみました。
ホテルを出る際にホテルの人になにやら話しかけられました。出かけるならキーをフロントに預けろという趣旨だったようです。
bạn tôi, người khác ở phòng
私の友人、他の人が部屋にいます。
と言ったら通じたようです。
そのやりとりの最中、ベトナム人カップルが助けようとしてくれました。
女の人が「この人、外国人みたいね」的なことをベトナム語で言っていて、nước ngoài (外国) の部分ははっきり聞き取れたので、
Xin Chào(あいさつ)的なノリで、 nước ngoài と答えたら、なんか助けようとしてくれました。

海に沿った道を歩いた後、賑やかな通りに入ってみたら、ファミリーマートを発見。

f:id:kubotti:20181202184922j:plain
ブンタウのファミリーマート
中に入ってみました。中は新しくてきれいでした。
実はそんなにお腹は減ってなかったので、ベトナムのカップラーメンを買って店内のイートインで食事。ビール2缶飲みました。
ベトナムのファミマは壁にイラストが書かれていたり楽しげな雰囲気がありますね。
壁に背の高さを測る目盛があって、ベトナムって子供が多いんだなーと実感。

f:id:kubotti:20181202184813j:plain
ファミマで身長測定

途中に建設現場がありました。新しくホテルを建設中のようです。夜中でも絶賛建設中。
歩道にレンガが積み上げられていて歩道を歩けないです。
道路の真ん中で横断している歩行者に平然と長いクラクションを鳴らす自動車を目撃。経済成長7%を維持するためには、この雑然とした状態が必要だとするなら一長一短だなー、と思いました。

ニッパー(ペンチ)を借りる

出かける前に、ビニール袋が挟まって閉まらなくなったカバンを直しました。
ホテルの人にスマホで画像を見せつつニッパー(ペンチ)を貸してくれと言ったら、貸してくれて、ファスナーに挟まってちぎれたビニール袋を引っ張り出すことに成功しました。
ベトナム語ではペンチは
cái kìm
というようです。 英語だと、
pincers
とか
pliers
とか。
知りませんでした。

ホテルに戻って、2日目終了です。

3日目はこちら blog.kicks.jp